人気ブログランキング |

土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雪で閉じ込められたウップンを晴らしに週末行ってきました!
今回は、タッチ&ゴーです。
新たなハケを探すべく、走り回り、歩き回り・・・やっと1つ・・・

d0110641_20114073.jpg

これは、何だか詳細不明です。
ニッキ水のようでもあり、コンペーのようでもあります。
私の予想は、コンペーですね。
クリーニングしたら、判明するかも知れません。
Y君の報告を待ちましょう。


d0110641_2011534.jpg

矩形の型のよいビンと時計型の書道の水滴です。絵付けがキレイ!
部長出し。


d0110641_2012438.jpg

これは、なんでしたっけ!?
確か、もう少し小さめのがありましたね。
これは、淡黄色のボトル。部長出し。


d0110641_2012142.jpg

雑木林の角っこの小っちゃなハケでした。
私は、ここでカレーびん、へろニココンペーの破片、ジアリンくん!??を
出しました・・・情けない・・・
途中のタッチ&ゴーで高級ウィスキーニッキ水を拾いましたが、角が欠けて
ました・・・(泣)

下が私のお持ち帰り品・・・

d0110641_1028195.jpg


ちょろハケを後にして、再びタッチ&ゴーです。
HBCカーの前後をこすりながら突き進んで行ったら、また1つちょろハケ発見!

ここでも部長です。
邑田資生堂の一方水です。
それに明治期のインクびんも出しましたね〜。

d0110641_20122380.jpg

私はここでは、まともなビンは1本も出ませんでした・・・(泣)


d0110641_20123234.jpg

くーーーーーーー!
悔すぃ〜。厳すぃ〜・・・
私は、なんか丸ボーズに近いですね〜。
やっと行けたディギングなのにパッとしませんでした・・・
隊長が、仕事を休んで今週末も頑張るとのことなので、次回はやりますよ!
出しますよ!

乞うご期待!???
by hbc_nkzk2 | 2014-02-26 20:12 | 資生堂
またまた、大雪です・・・
やれやれです・・・
これじゃーまったきディギングなんてできません。

最近、NHKの朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」が、ちょうど昭和15年
(1940)頃〜の食糧事情を背景に展開していました。
昭和13年(1938)に日中戦争が始まり、世の中は段々おかしな風潮に
流されて行きます。
「贅沢は敵だ!」と砂糖が贅沢品で配給になったり、食品にも「代用品」が
登場する時代です。

d0110641_21392134.jpg

日本は、この日中戦争を皮切りに太平洋戦争終戦まで戦時統制の中で
国民は、あらゆることに国からの制約を受けることになります。

最近は少なくなりましたが、以前は「塩」や「米」の紺色のホーロー看板が
通りの店先に沢山ぶら下がってました。
それも、タバコ屋に「塩」の看板がぶら下がったりしてました。
若い諸氏は意味がお分かりでしょうか?

d0110641_21403332.jpg

それは、塩、米、嗜好品の煙草も国の統制品だったからです。
味噌や醤油もです。
つまり統制品とは、国が生産者から安い金額で買取り、それを消費者である
国民に均等に配布する制度で、タバコ屋や米屋はその指定販売所だったのです。
この制度は、一種の社会主義的経済(統制経済)でした。
そして、この制度は不公正是正のありがたい制度のようですが、生産者は
競争がなくなり、安い値段で買いたたかれるため、製品のクオリティは次第に
劣悪になりました。

d0110641_21394191.jpg

我々のコレクションにも「組合神薬」や「組合目薬」ってのがありますが、
これらも背景としてはこの社会主義経済思想からなる製品に他なりません。
現在の「生活協同組合」もそれぞれ組織のカラーは異なりますが、基本的には
同じ理念です。

d0110641_21411331.jpg

しかし、ますます戦渦は広がり、食糧はやがて配給制になり、配給も遅配や欠配
が続き、非合法な買い出しや闇市で法外な値段で生活必需品を入手するしか方法
はありませんでした。この配給制は終戦後も続きます。
私は、母親から当時の食糧難の話を聞かされていたので、TV「ごちそうさん」は
かなり恵まれた地域、家系の話だと思いますね。


[生産者番号=統制番号が付された容器]
d0110641_21411380.jpg

そんな統制もやっと22年(1947)から順次撤廃され、31年(1956)の
『経済白書』では「もはや戦後ではない」と記され、その後日本は驚異的な
復興をとげたのでした・・・パチパチパチ
って、なんかそんな遠い昔の話ではない、つい最近の話やね〜!
と思うのは私だけ?!

d0110641_21393264.jpg

これは、7年ほど前に隊長からもらった「瀬戸市歴史民俗資料館」の図録です。
この資料は、日中戦争〜太平洋戦争期の陶磁器の《代用品》が生み落とされた
状況を詳らかにすることに力点を置いた編集になっています。

d0110641_21393010.jpg

本来《代用品》と云われなくてもよい製品(帽子掛け等)までもが、その呼称と
なった背景や基準について考察がなされています。

d0110641_21401049.jpg

昭和13年(1938)3月、当時の陶磁器生産及び販売統制を行っていた
日本陶磁器工業組合連合会は、愛知・岐阜・三重3県の商工課協賛の
「国防資源ノ愛護ト陶磁器報国」なる懸賞公募を主催した。

d0110641_2140556.jpg

この懸賞は「資源愛護の国策に順応し陶磁器利用を拡大し、陶磁器によって
国防資源代用の諸例を広く一般から募集する」ことを目的に3県の生産者を
対象に行われ、1等賞には百円が出されると云うものであった。


[軍用食器/しかし実際は、戦地で使用されたかは?だそうだ]
d0110641_2140163.jpg

この懸賞規定の課題は陶磁器《代用品》に求められた役割をよく現している。

◯例えば家庭用品、建築、土木用品、各種容器、その他実用価値のあるものに
 して金属木材等をもって作られているものの中陶磁器にて代用し得るもの

d0110641_214042100.jpg

◯現在使用しつつある陶磁器製品にして考案によりその価値を大ならしむるもの

この懸賞の1ヶ月後には家庭用品を中心とした銅製品、銑鉄鋳物製品の製造禁止を
前提とした国家的な陶磁器《代用品》募集が実施された。


d0110641_2141573.jpg

《代用品》には、元々金属など素材と機能が結びついて成立していた製品の
造形をそのまま陶製にしてしまった模倣モノ?も多く存在し、それらは様々な
機関で批判も受けたようです。
例えば、陶製の茶釜。見た目は、もうそのまんま茶釜!でもこれダメ〜!


[日・独・伊、三国同盟+満州の灰皿上部/下部は知らずに捨ててしまった]
d0110641_21412467.jpg

しかし、中には陶製にしても尚、その機能を最大限に発揮できた製品も
ありました。
それは、陶製手榴弾でした・・・これは果たして《代用品》と呼べるのか?


d0110641_21414063.jpg

ヌルッとヌメッとツルッとした土のびん。
ガラスびんを求めてディギングを始めて、そして知り得た存在です。
最初は、何者なのか、分かりませんでした。


d0110641_2141477.jpg

決して、恵まれた境遇から生まれたモノたちではありません。
でも、この土のびんに惹かれてしまう・・・
この魅力は何なんでしょう?


d0110641_21415122.jpg

きっと舞い落ちる純白な雪のように清楚で、そしてどこか寂しげなたたずまいが
私たちの心に何かを語りかけてくる・・・からかも知れません。

少なくとも我々は、二度とこのような国の身勝手な政策で《代用品》なるモノを
使わされるような世の中にしてはなりません。

今回は、たっぷり《代用品》で「ごちそうさん」でした。





出典:瀬戸市歴史民俗資料館《代用品》としてもやきもの

by hbc_nkzk2 | 2014-02-11 21:42 | 土のびん

ポンドコーミング!?

世の中、ソチオリンピックムード一色、それを盛り上げる?ような大雪・・・
おかげで我々の活動は、また中止となってしまいました。
それで、これは1月末の報告です。

d0110641_1455384.jpg

ビン探しは、池だろーと、川だろーと、海だろーと関係ありません。
ディギングの本場アメリカでは常識ですね。
そんなことで、池から水を抜いたと聞けば、当然その池の底をチェックしに
行けねばなーりません! ハイ。

d0110641_14554358.jpg

それも大きな池ならば、なおさらです。

大昔、インテリア本「私の部屋」の内藤ルネさんのコラムで、上野の不忍池の
清掃の場面に出くわし、池底のガラスびんを見つけて、それをもらってコレク
ションにした話が載っていました。
確か淡いピンク色のコレクション棚の紹介がメーンの記事だったと思いますが、
そこにビンのコレクションがディスプレイされてました。
このことは、まだ10代の私の脳裏にしっかりと焼き付いていたんです。

d0110641_14555173.jpg

そして、ここは「東京都立井の頭恩賜公園」です。
2017年開園百周年事業の一環で、池を本来の生きものが生きるきれいな池に
戻す取組みで、一度水を抜いて池底を日干しする計画が実行されました。

d0110641_14564339.jpg

植物プランクトン(藍藻類)の大増殖により緑色となってしまった池。
その池には、外国産のブラックバス、ブルーギルが大増殖し、本来生息していた
モツゴやスジエビ、ヤゴ(トンボ)などの日本の生きものが激減してしまってい
るそうです。

d0110641_14561266.jpg

ボート屋さんもお休みです。

d0110641_14563370.jpg

えー?こんなんで吸い上げてんですか〜?
なんか頼りない感じっすー。

d0110641_14571989.jpg

コサギ?は、このぐらいの水量がお好みでしょうか・・・

d0110641_14562642.jpg

あらら、やってます、やってます。魚を追い込んでます。

d0110641_14573686.jpg

魚を追い込んで、国産魚は保護、外来魚は???
この作業を「かいぼり」とゆうそうです。

d0110641_14563315.jpg

人混みを覗いてみたら、区の職員?がこんなことして説明をしてました。
き気持ち悪い・・・

d0110641_14575344.jpg

考えてみたら、井の頭公園へ来たのはちょー久しぶりでした。
相変わらず、人が多い・・・それも、この「かいぼり」作業を見に来た人たちが
沢山いたようで、いつも以上の人出だったみたいです。
だいたい、公園の専用駐車場がずっと満車状態で車を入れられませんでした
から・・・

d0110641_14573181.jpg

池底を一生懸命に見ながら、池の周りを歩いて回りました。
そしたら、こんな出店が!?
一瞬、おっ!?と思ったのですが〜(笑)

d0110641_1457242.jpg

いろんな物を売る人たちや裸パントマイム兄ちゃん、ギターがんがんで歌い
まくる皮ジャンお爺ちゃん、紙芝居のレゲエおやじ・・・
相変わらず色んな人々がおりました。

d0110641_14574060.jpg

どうやら、作業の人たちは公募で集まったボランティアだったようです。
やっぱ、作業に参加でもしない限り池底には近づけませんでしたね〜。

d0110641_14574878.jpg

それでも池底が気になって気になって・・・
一応、気になるビンがあったなら、泥沼に飛び込む心づもりでいたのですが
なんとメガネを忘れ、よく見えません・・・泥沼まで1m以上の高さがあります。
そして、池の周りには臨時の柵が設けられていて人も沢山いるので、そう簡単
には近づけないのです。あ〜あ・・・
オペレグラスぐらい持ってくればよかった・・・準備不足でしたね。

d0110641_1457535.jpg

この中にどうも気になる小型のビンのような物が見えるのですが・・・
分かります? しっかし、確かめようがありません。
クッそー!ここまで来て・・・

d0110641_1458216.jpg

つーことで収穫なし・・・ボーズ・・・
泥だらけになり人々からの抗議の目も気にせず泥沼に飛び込めばよかったので
しょうか!?
冷えた体と空腹を満たすため、洋食屋さんで食事をして、ちょっとブラブラ
古い和食器屋さんなんかを覗いてウインドショッピングをして帰りました。が、
やむなく入れた近鉄百貨店の駐車場代は、¥4,400-でした!!!

オーノー!
by hbc_nkzk2 | 2014-02-08 14:58 | トレジャーハンティング