人気ブログランキング |

土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリーニング品の紹介-3

こちらは、「茶びんのハケ」での出物です。

d0110641_1992154.jpg

神経、脳病、鎮靖丸(ちんせいがん) H 69mm

d0110641_1992739.jpg

裏面は、尾澤薬館のエンボス。
びん口は、金平糖のような乱カットです。


d0110641_1993678.jpg

こちらは、髪染めの孔雀園。 H 67mm

d0110641_1994610.jpg

裏面は、乙のエンボス。


d0110641_1995419.jpg

IVORY POMADE  58.5π H 42mm
なかなか味のあるポマードの陶器ジャー。


ここからは、ニコニコ団の出土品。
と、云うか、この2本は珍しく隊長の掘り出し物!

d0110641_1910217.jpg

左:観明光目薬  H 68mm
右:外用 全治水  H 70mm


d0110641_19101189.jpg

左:裏面 朝日紀陽堂 
右:裏面 東京 尾澤製 
この尾澤製とは最初の尾澤薬館と関係ありか? 


こちらは、「茶びんのハケ」からの出土ではあーりません。
ニコニコ団が独自に見つけた怪しき場所でのゲット品!

d0110641_19101929.jpg

なんと、魚型のニッキ水!!!

d0110641_1910318.jpg

全長80mm

d0110641_19103626.jpg

素晴らしい! 初見です!
ニッキ水もこのような器形になるとずっとレア度が増しますね〜!

さて3月は、年度末。
繁忙期でございます。よって、身動きできましぇんでした・・・

しかし。4月になって皆のスケジュールが合えば、ニコニコ団にこの
魚ニッキのハケへ連れて行ってもらう予定でーす♥

乞うご期待!???
by hbc_nkzk2 | 2013-03-30 19:11 | ニッキ水

クリーニング品の紹介-2

これらは、私の発掘品たちです。

d0110641_13164051.jpg

北斗七星陣マークと東京、北辰のエンボスがある牛乳びん。
北斗七星信仰が強い日本では、時々このマークを見かけます。
裏面には、非売壜のエンボス。
これは、マラソンのハケへ行く途中で拾ったものです。

d0110641_13165127.jpg

しかし、残念ながら、底が抜けてます。
とてつもなく大きなネジ山のあるビン口です。
いったいどんなスクリューキャップが付いていたのか・・・?! H 約173mm

下は、マラソンのハケで最初に出た瓢箪ニッキ水びん。アクア色でキレイっす!
私にとって、今年最初の(完品の)ゲット品。 H 82

d0110641_1317018.jpg

がしかし、この瓢箪系は、あまりに沢山出土すると云うことでHBCの中では
ニッキ水発掘としてカウントされません・・・(泣)


d0110641_1317125.jpg

上は、ヨヂーム丁幾(ちんき)  左H 60 右H 53


d0110641_13172112.jpg

めぐすり 清明丹 山岸製 H 41.5〜36.5


d0110641_13173016.jpg

右は、酸化マグネシウム反応で赤味が出た紅清製。 H 46
左も、てっきり「紅清」かと思ってクリーニングしたら・・・紅屋!? H 48


d0110641_13173958.jpg

部長が出した「梅蜂印」と同類と思われる「TRADE MARK 蜂印 T.S.B」
裏面は、「日本薬局方 蜂蜜」25gのエンボス。 H 69


d0110641_13174725.jpg

金線目薬 瑠璃びん。

d0110641_13174597.jpg

裏面は、東京 矢嶋。
口部分は、欠けではなく型にガラスが回らなかった不良品。  H 55


d0110641_1318350.jpg

粗悪なつくりのクリームびんたち。いい感じ!  H 56〜


d0110641_1318268.jpg

イボコロリの割と新しいタイプ? H 58
でもボディの上下に2本のビードが回っていて初見です! 色は本瑠璃。


d0110641_13182113.jpg

これは、ウィスキーじゃーありません。(笑)

d0110641_13182165.jpg

KINCHOL !

d0110641_13182814.jpg

ご存知、殺虫剤のキンチョールです。 H 222
このハケでは、殺虫剤系びんはけっこう多かったですね〜。


d0110641_13184544.jpg

最後は、佃煮系びんの初見ものです。
ウニや塩辛、佃煮系のびんってこれはこれで味があり、趣があります!

次回は、前回「お茶びんのハケ」を攻めた成果をご報告致しまーす!!
by hbc_nkzk2 | 2013-03-20 13:19 | 薬びん

クリーニング品の紹介-1

「茶びんのハケ」命名由来の品。

d0110641_16515225.jpg

堂々のご登場! 鉄道汽車土瓶ガラス製。

d0110641_1652771.jpg

大正11(1936)年に陶器の汽車土瓶に代わってガラス茶びんのみを使用
するよう国からの通達で始められましたが、捨てたガラスが危険である
ことや客からの不評もあり、ほどなく陶器のものに戻されました。
このためガラス茶びんは大正末から昭和初期のごく限られた期間のみで
使用され、とっても希少品なのです。
湯呑み茶碗がないものの、無傷で出たのは素晴らしい!

d0110641_16521197.jpg


これは、初見の蜂蜜びん。「梅蜂印」H75mm

d0110641_16522050.jpg

「茶びんのハケ」での部長の掘り出し品ですが、前回の紹介したタイプと
異なります。

d0110641_17223788.jpg

それも、前回紹介した「蜂印」びんは、「ヘルメットのハケ」での出土品です。

d0110641_16524430.jpg

前回のは、「梅蜂印」ではなく、たんに「蜂印」です。
でも、びんの形状から同じ会社の製品ではないかと思われます。
しかし、蜂蜜がたったの25gで用をなしたのでしょうかねぇ?

d0110641_16524750.jpg


こりゃまた素敵なインクびん。
俯瞰して見ると、かなりしっかり角が出てます。

d0110641_1653232.jpg


こちらは、以前「A級凍土のハケ」で出土した「コロゴール液」の水色
バージョン。 H95mm

d0110641_165357.jpg

これが、以前出土した「コロゴール液」(アンバー)

d0110641_16531957.jpg


と云うことで、今回はニコニコ団のクリーニング品を紹介しました。
次回は、私のクリーニング品を紹介します。

昨日は、皆のスケジュールが合って「茶びんのハケ」を攻めました。
その報告は、クリーニング品紹介後に!

暖かくなって来ましたが、おかげで「花粉地獄」・・・
隊長以外は、皆マスクや粉塵予防メガネでの重武装でした〜。(涙鼻水)
by hbc_nkzk2 | 2013-03-17 17:19 | 鉄道茶びん