人気ブログランキング |

土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ニッキ水特集」- 2

d0110641_2385017.jpg

ニッキ水特集第二弾で〜す!
このニッキ水は、小さくて平べったいです。
明らかに平面に置いて除冷してるので、首が床面に曲がってます。
立たせるのは、困難です。右端は、ぶくぶくして左2つとは、型が異なりますね。
ニコニコ団は、左のタイプで強発光のウランを持ってます。



d0110641_239814.jpg

こちらも小さいながら、ぼてっとしたタイプ。



d0110641_2392979.jpg

この紐付きひょうたんタイプは、左のガラス厚が厚いタイプと右の薄いタイプが
あります。このタイプは、Dでもよく出る形ですね。



d0110641_23184983.jpg

同じ「ひょうたん」型でも角アールの入ったヒダヒダタイプ。
これもよくDで出ます。



d0110641_23101417.jpg

こちらも「ひょうたん型角アールヒダヒダタイプ」に次ぐよく出るタイプ。
でもこの「下部筋入りタイプ」は、星(気泡)満天でアクア色が多く、とても
きれいなモノが多いです。
いかんせん、中身はニッキ水、おまけにD。右端は白濁してどうしても
とれません・・・
サンポールでもダメですね〜・・・



d0110641_23103419.jpg

こちらは、「ひょうたん形」の色々。
真ん中のタイプの下部の紋様は、なんとなく蓮の花のブッディズムを
想起させますね。
古伊万里の絵柄にも共通する気がします。(掛川:鈴木の KOVE ハケ)



つーことで第二弾終了!
次回は、三段ニッキから始めますね。

あ〜腰痛し・・・・
by hbc_nkzk2 | 2009-07-29 23:10 | ニッキ水

「ニッキ水特集」-1

d0110641_21374158.jpg

ラムネ型ニッキ水からご紹介します。右端から「東京」、「東京、山勝製」
「東京一番、牧野製」裏面は「ストロベリー」
そして「三光舎」のエンボス。左2本は文字なしです。


d0110641_21375567.jpg

でっぷりとして、ガラス厚も厚めです。これ2本とも新潟でゲットしました。
左端は、サイズの参考です。


d0110641_21381587.jpg

こちらは、びん口が細長いタイプです。


d0110641_21383562.jpg

これらは、以前も少々ご紹介したことのある「ちびっ子ニッキたち」
右端は○に「ク」の字のエンボス。
次は、ニッキ水でよく見られる福田屋さん。
真ん中は、「肉桂水」裏面は「オンダ」のエンボス。
右端は、桜の中に「S」マークのエンボス。


d0110641_21392088.jpg

こちらは、面取り六角形に細いビードが縦に走ってます。
昔の一升瓶の真似でしょうか?


d0110641_21385643.jpg

エンボスが入ってるのは真ん中のだけ、山印に「仲」の字、屋号でしょうか?


ここまで来ると、これらもそうですが、次は
やはりヒョウタン形になるでしょうか。

ヒョウタン自体は、中国から伝わった造形ですが、
3段や5段はどうなんでしょう?
日本のオリジナルなのでしょうか?

次回は「ニッキ水-2」やります!
by hbc_nkzk2 | 2009-07-26 21:39 | ニッキ水

「兵隊さん」

d0110641_1423997.jpg

ずいぶん前に掘り出した「野球少年?ニッキ水」です。
あたりが薄暗くなって来た夕刻に土だらけで出て来たこのニッキは
完全にサーベルをさげた「兵隊さん」だと思いました。
ところが、よく洗って室内で見たらビックリ、
バットをおろした「野球少年」だったんです。
胸には、 左右ともに「H」のイニシャルが入っています。
よ〜く見ると野球帽にも「H」のイニシャルが確認出来ます。
背番号は、ありません・・・ちょっと不思議な野球少年ですが、
隊長たちも私もこのニッキを「野球少年」とは呼ばず、
いまだに「兵隊さん」と呼んでます。
ちなみにこれが出たハケ名も「兵隊さんのハケ」と命名されてます。


d0110641_14233396.jpg

これは、ちょうど「兵隊さん」と同じぐらいの大きさの QP さん。
実は、買ったものなのですが、中に小さな金平糖がぎっしり詰まって
コルク栓がされていたんです。
こんな小さな容器でも金平糖を入れて売っていたんですね。
ですが、びん口のカットなどからしてもニッキ水と併用していたかも
知れません。


d0110641_14241576.jpg

そんなこんなで、次回は「ニッキ水特集」をちょっくらやってみようかな・・・


d0110641_14244151.jpg

ラムネ型だけでも、とっても沢山の種類が存在します。
きっと私も知らない造形が、もっともっと沢山存在していることでしょう。
あまりにも珍しい造形は、欠けたり割れていてもストックしています。
いつか、いつの日か、同じ完品ものに出会える日を楽しみにしながら・・・
by hbc_nkzk2 | 2009-07-20 14:24 | ニッキ水

GLASS

d0110641_20522430.jpg

なぜにガラスにそんなに魅力を感じるのでしょう・・・
それもガラス全般、好きなんですが・・・なぜかマスプロダクトで製造された
ガラスの末路に惹かれます・・・


d0110641_20523826.jpg

様々な、ガラスのアートがあって、それはそれなりに好きなんです。
手作りの味わい、なんとも暖かいですよね・・・


d0110641_20525332.jpg

でも、なぜか物資の少ない時代の、デザイナーと云うよりも職人が、
一生懸命に意匠を考えた時代のちょっと笑える、いや微笑ましい


d0110641_20531290.jpg

そんな造形に非常に・・・異常なまでに惹かれます・・・


d0110641_20535888.jpg

なんかほのぼのとする癒しの造形があります・・・
それは、当時の職人さんにしてみれば、そんな悠長な世界でなかったのだと
思います。
でも、少なくとも現代のスピードとは、現代のマーケティングの考えとは
著しく異なる世界があったのだと推察します・・・


d0110641_20532944.jpg



美しい・・・この光の美に私は、虜になりました・・・
ガラスびんの出所や素性は、二の次です。
単純にこの人工的な、なにの美しい、人間的な造形にこの上もない
「美」を感じます・・・


d0110641_20534829.jpg



ガラスの美しさは、透過性にあるんだと思いますが、それは光に通じます。
「光」こそが!この世でもっとも美しい事象です!
私は、常々、人工的であれ臨死時に見る世界であれ、この世でもっとも
美しい事象は「光」だと思ってます。
「光」こそがこの世、あの世でも
もっとも美しいモノなのだと勝手に思い込んでます。
そして、きっと掘り出した古いガラスびんは、鉱物よりも手軽な
庶民の宝石なのだと思います・・・
あ〜〜
今日は、ちょっと酔ってます〜〜〜〜〜〜m(_ _)m・・・
by hbc_nkzk2 | 2009-07-09 20:54 | 薬びん
d0110641_2164213.jpg


昔、ニコニコ団が見つけたニッキ水ザックザクのハケ(通称NKZK2)から
出た「ちびコロ」ニッキ水です。
このハケからは、あの「呑気な父さん」も出たし、ラムネ型は合計で20本
以上出たでしょうか・・・
この「ちびコロ」ニッキ、人差し指ほどの太さです。
なぜこんなに小さいのか、なぜこんなにブヨブヨなミシュラン君なのか
それは不明です・・・




d0110641_217231.jpg


このイチゴ液は、墓ジジイのハケからの出土品。
これは、なぜか鳳凰のエンボスがシンメトリーになってます。
なのに「リボン イチゴ液」・・・
その裏面には「東京」の文字の間に◯利マークのエンボス。
鳳凰は、やはり縁起をかついだのでしょうか・・・




d0110641_2171913.jpg


六角ペロ。
なぜに六角や八角を考えたのでしょうか・・・
製造上、難しい造形なのに・・・



いろんな不思議が沢山あります・・・

だから楽しいんですね・・・きっと・・・・
by hbc_nkzk2 | 2009-07-07 21:07 | ニッキ水