土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「ニッキ水特集」- 2

d0110641_2385017.jpg

ニッキ水特集第二弾で〜す!
このニッキ水は、小さくて平べったいです。
明らかに平面に置いて除冷してるので、首が床面に曲がってます。
立たせるのは、困難です。右端は、ぶくぶくして左2つとは、型が異なりますね。
ニコニコ団は、左のタイプで強発光のウランを持ってます。



d0110641_239814.jpg

こちらも小さいながら、ぼてっとしたタイプ。



d0110641_2392979.jpg

この紐付きひょうたんタイプは、左のガラス厚が厚いタイプと右の薄いタイプが
あります。このタイプは、Dでもよく出る形ですね。



d0110641_23184983.jpg

同じ「ひょうたん」型でも角アールの入ったヒダヒダタイプ。
これもよくDで出ます。



d0110641_23101417.jpg

こちらも「ひょうたん型角アールヒダヒダタイプ」に次ぐよく出るタイプ。
でもこの「下部筋入りタイプ」は、星(気泡)満天でアクア色が多く、とても
きれいなモノが多いです。
いかんせん、中身はニッキ水、おまけにD。右端は白濁してどうしても
とれません・・・
サンポールでもダメですね〜・・・



d0110641_23103419.jpg

こちらは、「ひょうたん形」の色々。
真ん中のタイプの下部の紋様は、なんとなく蓮の花のブッディズムを
想起させますね。
古伊万里の絵柄にも共通する気がします。(掛川:鈴木の KOVE ハケ)



つーことで第二弾終了!
次回は、三段ニッキから始めますね。

あ〜腰痛し・・・・
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2009-07-29 23:10 | ニッキ水