土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

入山喜良先生宅ご訪問-02

      前回に続き、入山先生のコレクションを紹介させて頂きます。
      今回は、すべて金平糖系です!

d0110641_14152331.jpg

      こちらは、皆さんもよくご存知の三国同盟コンペイトウですが…
      皆さん、その裏側をご存知だったでしょうか!???
      裏側の国旗は、単純に三国同盟のリピートではありませんでした!!!

d0110641_14153843.jpg

      我々HBCも複数個所有(私のは割れてる)してますが、ディギングもの
      なので当然、紙の絵柄はありません。
      栗原先生の「いろはにコンペイトウ」等で三国同盟の国旗は知ってましたが、
      反対面はこの通りです!
      これはいったい何の旗なのでしょう?日本海軍は分かりますが他は不明です。
      ナチスドイツ時代の海軍旗でもなさそうです。イタリアもしかり…
      ご存知の方は、教えてください!


d0110641_14154885.jpg

      こちらは、その三国同盟旗がエンボスで入ってる!


d0110641_14155810.jpg

      都電(東京都章?の図版)のコンペイトウ。車輪一体タイプです。
      乗客の髪型が時代を象徴してます。


d0110641_1416916.jpg

      これはお馴染み、バスのコンペイトウ…バスっ!???
      今まで、我々は単に自動車、車と云ってたけど、この窓の数…運転手…
      これってバスですね!(笑)


d0110641_14161732.jpg

      グローブと「ウテヤテキヘイ」エンボスのライフル。


d0110641_14163471.jpg

      もう食器棚や収納ケースとありとあらゆる場所から、出てくる出てくる…


d0110641_14164476.jpg

      子供たちが日章旗を持って遊んでいる絵柄付き。
      貴重な逸品。


d0110641_14165343.jpg

      これら、スケールが分かりづらいですが、ちっちゃい市電型とデカイ軍刀です。
      この市電タイプは持ってますが、まさかブリキの車輪が付いていたとは!


d0110641_1417330.jpg

      こちらは、大人の手の平よりも大きいデカコンペウです!


d0110641_14171492.jpg

      小判型、提灯、立体的な自動車!?
      そして、大きめな水飴びんのようなコンペイトウ容器。
      先生は、飴屋びん〜水飴びん〜金平糖びんの中間的位置づけについてはさすがの
      見解をお持ちです。
      我々が単純に「水飴びん」と云っていたものが金平糖やその他の飴びんだったり
      「金平糖びん」と思っていたのが、実は中身は金平糖でなかったり…
      やはり奥深いのであります!

      
d0110641_14314595.jpg

      こちらもお馴染み、大黒さんの容器ですが、これも単純に金平糖って訳では
      ないようで〜飴の容器とか?


d0110641_141726100.jpg

      そして、こちらは先生ご自慢の布袋さま?とか。
      大黒さんは、ニッキ水などにも見られますが布袋さんは珍しいですね。
      大きなずた袋を持ってるのは、大黒さんか布袋さんです。

      今回は、コンペイトウ祭りでしたが、次回はニッキ水祭りにします〜♥
      とにかく先生のコレクションは、膨大です。
      ここに紹介できてるのは、ほんの一部。
      慌てての手撮りだったので画像としてNGで、お見せできないモノもあります。
      しかし、これまで見たこともない本物を鑑賞できるのは本当に大切なことだと
      つくづく思いました〜。

      改めて、入山先生に心から御礼申し上げます。












*
      
[PR]
# by hbc_nkzk2 | 2017-08-13 15:05 | Comments(4)

入山喜良先生宅ご訪問-01

d0110641_22333286.jpg

      「おかしな駄菓子屋さん」の本で有名な入山先生宅を訪問させて頂きました!

d0110641_22441534.jpg

      「おかしな駄菓子屋さん」は、以前から我々HBCのバイブルです!

d0110641_2235587.jpg

      いやーとにかく、開いた口が開きっぱなしで呼吸困難になってましたね。

d0110641_2230414.jpg

      今回は、庄司先生を介してお招きにあずかった次第です。
      そのきっかけの1つが、この謎のビン。(これは私の)
      
      ボトルドクターと謎のビン


d0110641_22292192.jpg

      このぶら下がってるのは、入山先生の持ち物。
      先生のは、中がラメ塗装されていて、リングにひもがついてます。
      これは、買い求めた時からこの状態だったそうです。
      庄司先生も所有していて、クリスマス用か何かの電球か?とおっしゃって  
      いましたが、この入山先生のものは、このままツリーに飾れるような代物です。
      いったいこれは、何なんでしょう!?
      HBCの「日本のレトロびん本」の最後にこれを取り上げていたことから、入山先生に
      興味を持って頂いたと云う、ちょーーー光栄なお話です。

d0110641_18301647.jpg

      タヌキの金平糖も2種類あるんだそーです。

d0110641_18305488.jpg

      こっちのが古いそうです〜〜〜!?

d0110641_1836654.jpg

      とにかく家中にニッキ、コンペー、PPK(ペロペロ系)が満載・・・

d0110641_18364111.jpg

      溜息とヨダレ・・・時々、鼻血・・・・

d0110641_18434946.jpg

      入山先生は、「いろはにコンペイトウ」の栗原英次氏とは昔からのご友人であり
      ライバルだそうです!

d0110641_20382271.jpg

      それなもんですから、金平糖びんの数や種類も尋常じゃありません。

d0110641_20385912.jpg

      ブリキ自動車のこのタイプもすべて色違い・・・
      なんせ、先生はブリキのおもちゃも筋金入りのコレクターなのです(汗)

d0110641_18481094.jpg

      入山先生は、水飴びんも「あめやビン」もすんごいコレクションがあります。
      金平糖びんと水飴びん、そしてあめやビンとの中間、カテゴリーの間をも
      埋めるようなコンプリートぶりで、マニア泣かせと云わざるを得ないです。

      今回、様々なコレクションを拝見させて頂き、驚く発見や合点の行くことが
      沢山ありました。
      正直な感想は、「なぜ、もっと早くお伺いしなかったのか・・・」
      バイブルにまでしていたHBCが、これまで何度も話題にしながらも…
      悔やまれると同時にもし昔会っていたら、ディギングをモットーにしていた
      我々のポリシーが大きく揺らいでしまったかも知れない…などと頭の中が
      ニッキ、コンペー、PPKになって、未だに心の整理できない感じです〜〜〜
      
      途中、カメラのバッテリーが切れてしまい、スマホで撮る自体になりましたが
      引き続き、入山先生のコレクションを紹介させて頂こうかと思います。

      ※先生のコレクションは「小さな蕾」2016/7月号、2017/8月号に特集されて
       います。あめやビンファンは2017/8月号は必見です。












*
[PR]
# by hbc_nkzk2 | 2017-07-29 21:28 | コンペイトウ | Comments(6)

神薬を求めて・・・





d0110641_2303464.jpg

      やっと梅の開花時期になりました
      今期は、様々な事情でまだディギング活動をしてません
      そんなこともあって、三連休の初日、老骨に大ムチ打って一人、
      HBC LAND-1 へ向かいました!


d0110641_231441.jpg
       
      電車で2時間、山を登って2時間 ひたすら山道を登り、林道を歩き続けました
      その昔、何度か訪れた山奥の廃村ですが、数軒あった家屋はすべて消えていました


d0110641_2312013.jpg
                  
      過去、林道から神薬の欠片が落ちまくっていたり、神薬がザックザク出たことから
      「まるで夢のような我々のためのエリア、国だ!」と云う意味で
      「HBC LAND」と名付けました


d0110641_2313126.jpg

      しかし、何度か来たと云っても随分昔の話です ここへのルートの一つは潰され、
      これまで再訪を諦めざるを得ませんでした


d0110641_23131497.jpg

      それがつい最近、新しい林道ができて、アプローチができることを知りました
      それからと云うもの、昔の神薬ザックザクの、あの日の再来を夢見るようになりました


d0110641_2342646.jpg

      その思いは断ち切れず、募り募って決行日を密かに計画していたのです
      しかし、以前訪れた時の面影は消え、すっかり様相は変わっていました


d0110641_23172663.jpg

      ただ、至るところに様々な破片が落ちているのは変わっていませんでした が
      やはりこれも以前とあまり変わらず、すべて破片… 割れているのでした…


d0110641_239193.jpg

      以前見つけたハケのようなものは発見できず、ひたすらどこかに落ちている何かを
      求めてさまよい歩き回りました


d0110641_239328.jpg

      山奥の集落にありがちな、山の斜面に散乱している欠けた茶碗や大ビンの周辺を探るしか
      手だてはありません
      それも、かなり積層した杉の落枝をはらって歩かねば何も出てこないのです


d0110641_2394691.jpg

      足場の悪い斜面を枝をはらいながら、のぼりおりしていると足腰がガタガタと
      悲鳴をあげます
      それで、お宝が見つかるのならば元気も出るのですが… 割れた神薬ばかり…


d0110641_2310172.jpg


      山奥に滞在する時間も限られ、だれもいない空間に虚しくクマ除けの鈴の音だけが
      響き渡っていました
      もう諦めて、下山しようと思いながらも後ろ髪を引かれ、もう30分頑張ろう!
      と踏ん張った結果…


d0110641_23101839.jpg


      割れた神薬の三分割を発見することができました
      合わせてみると同じボディのパーツであることが分かり、ちょっと虚しく安堵しました

d0110641_23102978.jpg


      これが、今日の私の運気なのだと言い聞かせ、一人帰路に着いたのです

d0110641_23104071.jpg


      キレイに洗った後、ピタガラスで接着しました



d0110641_23105721.jpg


      実際には、この画像で見るほどキズは目立ちません



d0110641_2311122.jpg


      しっかし、この1本にどんだけ時間と労力使ってんだろ!? アホくさ〜



d0110641_23112362.jpg


      それで、山奥からのお持ち帰り品は以下です! まるでディギング素人(笑)
      茶碗などのガラがあった場所を突いて出たのは、真ん中の小児用ロートの目薬 1本!



d0110641_23113456.jpg


      なんで、コンペーやニッキの破片を持って帰って来たのか自分でもよく分かりましぇん…
      オレンジの鳩笛は、隊長へのおみやげです!(笑)


      2003年ニコニコ団と初めて訪れて掘り出した神薬群 八角神薬は割れてました
      すべて小さなハケから出ました〜 あー夢のようだったな〜〜〜


d0110641_029419.jpg


      また夢を追いかけて、さまよう異邦人になったるか!















*


[PR]
# by hbc_nkzk2 | 2017-03-22 19:15 | 神薬 | Comments(4)
d0110641_16174135.jpg

      いよいよ3月8日にグラフィック社から「日本のレトロびん」が発売されまっす!
      平成ボトル倶楽部は、監修をやらせて頂きました。


d0110641_16181847.jpg

      発売に先立ち、ちょいと中身を少しだけ・・・
      しかし、ここまでの道のりは信じられないぐらいの早さでした〜
      そもそも、こんな期間で出来る訳がないと庄司先生がお断りした企画が
      我々のところに回って来たのは昨年の11月。


d0110641_16183552.jpg

      ムックって、3ヶ月で仕上げてしまうんですね!!!
      それも、年末年始の休日もはさんでますから、実質もっと少ない期間でした。


d0110641_16185534.jpg

      最初に企画書と台割を見せてもらいましたが、ほとんど内容は未確定でしたね。
      私もグラフィックデザインの世界に身を置いていますが、さすがに信じられない
      動き方で度肝を抜かれました〜〜〜
      当初は、何十ページかをHBCコレクションで埋める予定でした。ところが
      段々と量が増え、最終的には監修も依頼され、受けるカタチになりました。


d0110641_16191111.jpg

      しかし、なんと云っても撮影を1日で済ませてしまったのには、安堵と驚愕でした。
      11月に拙宅の居間に撮影装置を2台構えて、カメラマン2名でガラスびんを
      撮りまくったんです。カメラマン1人にスタッフと私、もう一人のカメラマンに
      スタッフと隊長、それに部長も手伝いながらの大騒動でしたね。


d0110641_16192672.jpg

      11月は、年末に向けて私も隊長も仕事が繁忙期に突入してますから、事前に
      どのビンをチョイスするかなどの綿密な打ち合わせもできず、また編集者の
      意図する絵も事前に確認できていないまま、どんどん進行してしまいました。
      ちょっと言訳ですが、今回この本の構成・編集には一切関わっておりません。


d0110641_16224953.jpg

      その後は、校正、校正の嵐・・・それも時代考証には手こずりました。
      これまでの資料をひっくり返し、読み返し・・・自分がいかにニワカ研究者?いえ、
      なんちゃって研究者だったってことが身にしみて分かりました〜
      

d0110641_16195093.jpg

      やはり、今更ながらですが、庄司先生の偉大さを思い知らされました。
      しかし、大事な校正戻し期間にインフルエンザにかかってしまったのにはさすがに
      閉口しました(笑)


d0110641_16243491.jpg

      と云うことで、ここでハッキリ述べておきますが、今回のこの本は超マニアには
      物足りないです。初心者向けですね。
      超マニア向けでないのは、載っているガラスびん自体が既視感のあるものばかりで
      初見のものが少ない点にあります。
      この原因の1つは、出版社の方針もありますが、有名メーカーの古いガラスびんは
      掲載の承諾が必要だと云うことです。
      ですから、大正期のカルピスもキンカンも、またパチ物なども、今回は掲載されて
      いません。
      そして、2つ目は、我々HBC内でベストチョイスができなかったことにあります。
      これはもう、申し訳ないと謝罪するしかありません。でも、やはり最初に編集構成に
      ついてもっと深く話し合えていれば…とも思え、反省と後悔が残ります・・・
      でも、本の構成は日本のこれまでのガラスびん全体を、歴史もふまえて包括的に
      捉えていますので、超マニアにも新しい発見があるかも知れません。
      ので、是非一冊どうぞ!(笑)

      最後になりましたが、グラフィック社の山本さま、企画/編集の宮本さまには、大変
      お世話になりました。ありがとうございました!
      この本が第一ステップとなり、次回は是非、超マニアックなガラスびん本を再び発刊
      できることを願っております。

      グラフィック社 日本のレトロびん 
      

 








*
[PR]
# by hbc_nkzk2 | 2017-03-05 16:20 | 癒しのガラス | Comments(31)

「アンニュイな午後」

d0110641_15333047.jpg



d0110641_15345615.jpg



d0110641_1539069.jpg



d0110641_15341878.jpg



d0110641_1533576.jpg



d0110641_15395598.jpg



d0110641_15412045.jpg



d0110641_15422151.jpg












*
[PR]
# by hbc_nkzk2 | 2017-02-12 15:44 | ペロペロ | Comments(2)