土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:癒しのガラス( 4 )

d0110641_16174135.jpg

      いよいよ3月8日にグラフィック社から「日本のレトロびん」が発売されまっす!
      平成ボトル倶楽部は、監修をやらせて頂きました。


d0110641_16181847.jpg

      発売に先立ち、ちょいと中身を少しだけ・・・
      しかし、ここまでの道のりは信じられないぐらいの早さでした〜
      そもそも、こんな期間で出来る訳がないと庄司先生がお断りした企画が
      我々のところに回って来たのは昨年の11月。


d0110641_16183552.jpg

      ムックって、3ヶ月で仕上げてしまうんですね!!!
      それも、年末年始の休日もはさんでますから、実質もっと少ない期間でした。


d0110641_16185534.jpg

      最初に企画書と台割を見せてもらいましたが、ほとんど内容は未確定でしたね。
      私もグラフィックデザインの世界に身を置いていますが、さすがに信じられない
      動き方で度肝を抜かれました〜〜〜
      当初は、何十ページかをHBCコレクションで埋める予定でした。ところが
      段々と量が増え、最終的には監修も依頼され、受けるカタチになりました。


d0110641_16191111.jpg

      しかし、なんと云っても撮影を1日で済ませてしまったのには、安堵と驚愕でした。
      11月に拙宅の居間に撮影装置を2台構えて、カメラマン2名でガラスびんを
      撮りまくったんです。カメラマン1人にスタッフと私、もう一人のカメラマンに
      スタッフと隊長、それに部長も手伝いながらの大騒動でしたね。


d0110641_16192672.jpg

      11月は、年末に向けて私も隊長も仕事が繁忙期に突入してますから、事前に
      どのビンをチョイスするかなどの綿密な打ち合わせもできず、また編集者の
      意図する絵も事前に確認できていないまま、どんどん進行してしまいました。
      ちょっと言訳ですが、今回この本の構成・編集には一切関わっておりません。


d0110641_16224953.jpg

      その後は、校正、校正の嵐・・・それも時代考証には手こずりました。
      これまでの資料をひっくり返し、読み返し・・・自分がいかにニワカ研究者?いえ、
      なんちゃって研究者だったってことが身にしみて分かりました〜
      

d0110641_16195093.jpg

      やはり、今更ながらですが、庄司先生の偉大さを思い知らされました。
      しかし、大事な校正戻し期間にインフルエンザにかかってしまったのにはさすがに
      閉口しました(笑)


d0110641_16243491.jpg

      と云うことで、ここでハッキリ述べておきますが、今回のこの本は超マニアには
      物足りないです。初心者向けですね。
      超マニア向けでないのは、載っているガラスびん自体が既視感のあるものばかりで
      初見のものが少ない点にあります。
      この原因の1つは、出版社の方針もありますが、有名メーカーの古いガラスびんは
      掲載の承諾が必要だと云うことです。
      ですから、大正期のカルピスもキンカンも、またパチ物なども、今回は掲載されて
      いません。
      そして、2つ目は、我々HBC内でベストチョイスができなかったことにあります。
      これはもう、申し訳ないと謝罪するしかありません。でも、やはり最初に編集構成に
      ついてもっと深く話し合えていれば…とも思え、反省と後悔が残ります・・・
      でも、本の構成は日本のこれまでのガラスびん全体を、歴史もふまえて包括的に
      捉えていますので、超マニアにも新しい発見があるかも知れません。
      ので、是非一冊どうぞ!(笑)

      最後になりましたが、グラフィック社の山本さま、企画/編集の宮本さまには、大変
      お世話になりました。ありがとうございました!
      この本が第一ステップとなり、次回は是非、超マニアックなガラスびん本を再び発刊
      できることを願っております。

      グラフィック社 日本のレトロびん 
      

 








*
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2017-03-05 16:20 | 癒しのガラス | Comments(31)

Merry Christmas!

d0110641_144047.png


大変ご無沙汰をしてしまっております〜
今年は、ディギングシーズン突入時期に大きな出来事があり、D活動は少々おあずけになっております。
出来事とは、庄司先生からのご紹介で、グラフィック社から来年3月頃に「ガラスびん本(仮題)」が発行される運びとなり、その内容に我々HBCが全面的に協力することになったのです。
しかし、残念なことに企画当初から深く関わっていたのではなく、最初はあるコーナーだけの参加予定だったのですが、取材を受けるうちに編集担当者と話すうちに、ガラスびん撮影に協力して行くうちに受け持つ範囲がどんどん広がって行ったというのが正確なところです。
とにかくムック本出版の世界、信じがたいスケジュールで進みます。ガラスびんの撮影では、私の拙宅の居間にカメラマン2名とスタッフ数名が来て撮影機材を2箇所に組んでWで撮影を行うと云う強行軍でした。まだ、一部を初校したばかりなので、今後の動きは予想がつきません。
また、進捗はご報告したいと思います。ご期待ください!???

それでは、メリークリスマス♡








[PR]
by hbc_nkzk2 | 2016-12-24 15:06 | 癒しのガラス | Comments(8)

Let it be(あるがままに)

d0110641_15309.jpg

困ったときにはいつでも マリア様が現れて
  知恵の言葉をささやく レット・イット・ビー

d0110641_1531544.jpg

つらいときにはかならず ぼくの前に立って
  知恵の言葉をささやく レット・イット・ビー

d0110641_1532448.jpg

世界中の打ちひしがれた人々に等しく
  ささやきかける言葉 レット・イット・ビー

d0110641_1533464.jpg

世界中の打ちひしがれた人々に等しく
  ささやきかける言葉 レット・イット・ビー

d0110641_1534171.jpg

どんなに離れ離れになってもきっとまたあえると
  ささやきかける言葉 レット・イット・ビー

d0110641_1534924.jpg

レット・イット・ビー 
  レット・イット・ビー・・・・

d0110641_1535662.jpg

暗い夜にも一筋の光が頭上にさして
  ほのかに光る レット・イット・ビー

d0110641_154354.jpg

音楽に目が覚めると マリア様が現れて
  知恵の言葉をささやく レット・イット・ビー

d0110641_1541067.jpg

レット・イット・ビー(あるがままに) 
  レット・イット・ビー・・・・(あるがままに)

d0110641_1542221.jpg


2016年3月9日、5人目のビートルズと云われた英国の音楽プロデューサー
ジョージ・マーチン氏が、90歳で亡くなられました。
心よりご冥福をお祈り致します。


 *作詞・作曲:ポール・マッカートニー
 *マリア様の原文はMother Mary、ちなみにマザー・メアリは本来ポールの
  亡き母の事。
 *和訳出展:壺齋散人氏














*
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2016-03-13 15:04 | 癒しのガラス | Comments(2)
d0110641_144119.jpg


3日連休ですが、隊長は出勤となってしまったため 新年のHBC活動は

おあずけです。


d0110641_1442841.jpg


なもんで、Y君は開催中の骨董ジャンボリーにでも行ったのでしょうか?

私は・・・眠い・・・寝たい・・・なぜかいくらでも寝られる今日この頃・・・


d0110641_14414557.jpg


なーんも考えずに寝たい・・・でも横になると・・・色々なことが頭の中を

走馬灯のようによぎり、めくるめく・・・なかなか「無」になれない・・・


今年は、ほんとうに良い年にしたいですね。

皆様のご健勝と地球平和を心から祈念し、眠気を覚まさざるを得ない

今日この頃なのであります・・・
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2015-01-11 15:17 | 癒しのガラス | Comments(4)