土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:わかもと( 2 )

d0110641_2204857.jpg

「2012年 7月7日 今期修了宣言」

会長の手術が終わってから、せめてもう一回!とあがいておりましたが!
さすがにそろそろ夏がやってきました。
仕方ありません  ここらでそろそろ、

終了~~~!

後半は会長の入院有り、10周年式典の不発有り、スタックで救出要請あり。
11月に「ジャンプ」を見つけたときはこれで今期は遊んで暮らせると・・・
思ったのも束の間、あっという間に枯れました。
世の中なかなかうまくいきません。

しかし数々の障害を乗り越えて、なんとか今期も成し遂げました。
遊びとは言え、ほぼ毎回が冒険の連続でした、ご苦労!
そろそろ森の住民達に縄張りを返還する時期がやってまいりました。

7月7日をもって我がHBCは今期のディギングシーズンを
しゅーりょーといたします。
次の再開はおそらく11月後半です。

今期後半からはインターネットで仕入れた「ITハケ発見最強秘密兵器」が
すばらしい成果を上げています。
夏季の充電期間にはこの秘密兵器のスイッチを「自動ハケ探索継続モード」に
切り替えておけば、おそらくは次期11月からのスタートダッシュは他に類を
見ない探索力を発揮するはずです。
今からその時が楽しみです。

参加した皆さんお疲れ様でした。
応援してくださった皆さんどうもありがとうございました。
会長はこれから落ち着いてじっくり体を治してください。

HBCたいちょーより



今期の成果-02
d0110641_2212374.jpg

ソース小びん。
シェイプは、隊長のアンカーソースに完全に負けてます・・・
でも、ガラスのキャップ付きで出土。感じは良いでしょ?


d0110641_2213797.jpg

大振りの蕎麦猪口。
ほとんどの蕎麦猪口は、口径はおよそ70mm。でもこれは80mmありんす!
肉厚もよし!?


d0110641_2214872.jpg

どーです!なかなかの景色ざんしょ♥


d0110641_2215872.jpg

見込みの柄もよいでしょ♪




d0110641_222942.jpg

これは「スタックのハケ」がら出土した「Wakamoto」
どーですか?
なんかヘンでしょ?


d0110641_2222465.jpg

まず、「Wakamoto」のロゴタイプがおかしいですよね!
ヘナチョコです。
「a」が「d」に見えます! 「a」と「m」のバランスがおかしいので
「m」が「n」に見えてしまいます。
太さもヘンです!


d0110641_2223518.jpg

こちら本物の「Wakamoto」。
ロゴタイプが、きっちり、しっかりしてます!
端正です!


d0110641_2224334.jpg

全体を見比べてみると、上下のビード(横溝ライン)の太さ、ピッチも
おかしいですね。
もちろん、ネック部の「わかもと」のロゴエンボスはありません。
だいたい、この色が珍しい!
でも色に関しては、なんともいいがたい・・・
この「Wakamoto」に瑠璃色も存在します。
庄司先生のシアター2Fで見ちゃいました・・・



d0110641_223199.jpg

これは、今期の集大成ではありません。
云ってみれば、今までの集大成でしょうか。

今期もとーとーシーズン終わり、これからはコレクションを少しずつ
紹介しますね。
よろしくです!
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2012-07-11 22:03 | わかもと | Comments(8)

わかもと「パチもの」

d0110641_1691538.jpg


以前も何度か紹介しましたが、これほど似ている「わかもと」は
初めてです。
左が本物。右が偽物?です。
本物の胴径約45∅、全長約112㎜に対して、胴径約43∅、全長約118㎜。
なぜか、少々細身で高さが微妙に高い・・・
「わかもと」の特徴、ネックに「わかもと」のエンボスが偽物には
ありません。
また、胴回りに入ったビード。本物が5本線に対して偽物は4本。
なんとも云いがたい模倣です。



d0110641_1692746.jpg


そして、何より決定的なのは「わかもと」びんの雰囲気を一番醸し出して
いる斜めに堂々と表記された英文のスクリプト書体が異なります。
上は、お馴染みの書体。


d0110641_1694069.jpg


そして、これがパチもの。
全体の造りは似せているものの、最初の「W」がまったく違います。
これは、意図的なのか・・・アホなのか・・・



d0110641_1695479.jpg


こうやってよくよく眺めるて見ると


d0110641_1610712.jpg


本物の「わかもと」英文ロゴの「W」は独特なオリジナルの造りに対して
偽物は、よくある一般的なスクリプト書体であると云えます。
オリジナルは、アールデコの影響がうかがえます。
もしかすると偽物は、ずっと時代が後にできたものでしょうか・・・?


d0110641_16102393.jpg


「わかもと」は現在も現存する超長寿商品です。


d0110641_1610374.jpg


大ヒットして売れた商品には、必ずこのような模倣品があるんですね〜。


d0110641_16111340.jpg


それにしても商品名をそのまま使った偽物は判断が難しいですが
面白いですね。
時代がもっと古い薬系では、岸田吟香の目薬「精錡水」(せいきすい)は
もっとも偽物が多い目薬なのだそうです。
以前、庄司先生から教えてもらいました。



d0110641_16105436.jpg


私は、この「Wakamoto」の英文書体にしびれた一人です。
頭髪用の「Kaminomoto」のロゴタイプも素敵ですが!
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2011-09-11 16:52 | わかもと | Comments(0)