土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:資生堂( 3 )

タッチ&ゴーゴーゴー!

d0110641_1525020.jpg
 
実は、先週も「ウガウガのハケ」へ行ったのですが、よくありがちな
期待はふくらむものの、その実態はダメダメ…
結局、今期最大のハケ!と思ったハケは、小さな小さなハケでした〜
と云うか、ガラはまだまだ出るのですが、いかんせんガラスびんが出ない
これは、封印の要因になってしまうのです。
そうなると、もっと効率のよいハケを求めて、タッチ&ゴーの旅に出るしか
あーりません。


d0110641_153535.jpg

もうチョンマゲな小道やスットコな場所を走り回り、歩き回ります。
そんな時、運がよければニッキ水や目薬の1つも拾うことはあります。
しかし、この日は大木の切り株の上に置かれたクリームびんが1つ…
それもこれは陶器、土のびんです。
なんでこんなところに…持ってってくれってこと?などとあまり気にも
とめていなかったものの、周りを探索しても何もないのでびんを手に取って
製造記号を確認しようと底を覗いたら、資生堂のマークがあるじゃーあー
りませんかーーー! ほんじゃー持って帰りますか〜


d0110641_153148.jpg

ってことで、クリーニング後の資生堂、土のクリームびん。
家の所蔵品を調べましたが、案外持ってませんでしたね、資生堂は。
ウテナのマーク入りは沢山ありました。


d0110641_1532210.jpg

あまりにも有名な「花椿」のマークです。
このマークは、大正5年(1916年)に誕生しました。(大正4年説もあり)
なぜ「花椿」が用いられたのかというと、当時の資生堂の商品「香油 花椿」が
一番人気があったからなのです。これは髪油です。
世間では「資生堂=花椿」と、認知されていたので、花椿をロゴマークに
したって訳なんですねぇ。
資生堂


d0110641_1533112.jpg

化粧品大手の資生堂は、デザインやコーポレート・アイデンティティー(CI)
の有効性を早くから認識していた老舗企業のひとつです。
100年前の大正5(1916)年、初代社長で写真家でもあった福原信三は、
現在の宣伝・デザイン部にあたる「意匠部」を設置し同時に、自ら描いた
原案をもとに同社の象徴「花椿マーク」を世に送り出しました。
ガラスの器に水を張り、椿の花を浮かべて構想を練ったといいます。

商品パッケージや広告など多面的に使われてきた花椿マークは、微妙に変化
してきた。江戸時代の有名な絵巻「百椿図(ひゃくちんず)」をもじり、
花椿マークの100年史を振り返る「百花椿図」が、資生堂銀座ビル(東京都
中央区)内で展示されている(3月15日まで)。
椿の葉は当初の9枚から現在の7枚に。二重の輪郭線の幅も少しずつ変わるなど、
変遷がわかる。(出展:産経ニュース)


d0110641_153404.jpg

私はちょうど協会の打ち合わせで資生堂銀座ビルへ行った際、これを見ることが
できました。おまけにこの図録もタダでもらえました!さすが資生堂!!

流麗な曲線、唐草を用いた女性像で資生堂スタイルを確立させたデザイナー、
山名文夫(1897~1980年)は「企業ポリシーの視覚の原点となるもの、
それはマークとロゴタイプである」と書き残している。それらは長い歴史の中で
培われた信頼の証しでもある。同社は今後、原則として世界88カ国・地域で
展開している代表的ブランド「SHISEIDO」でのみ、花椿マークを使用
する方針。また同ブランドのロゴに「GINZA TOKYO」と入れ、東京
・銀座発の歴史を改めて国際的にアピールしてゆくという。
(出展:産経ニュース)


d0110641_1534957.jpg

く〜〜〜、資生堂のファンは多いですねぇ。
化粧品はもちろん、神薬との関係も含めてコレクターも多いようです。
私は、10年以上前に香水しか売っていないフランスの資生堂へ行ったことが
ありますが、その2Fには暗い室内に長い長方形のプランターが2本。
その中は、苔が植えられていました〜!カッコいい〜〜〜〜♡


d0110641_1535772.jpg

これは、おまけです。
先週、ウガハケで私が唯一掘り出したまとも?なビン、1本…
田布 眼薬 薬王寺のエンボス…でもこれ沢山持ってます〜うれしくない(笑)

と云うことで、今期は最初にちょっとおいしい思いもしましたが、次回から
苦しい苦しいタッチ&ゴーになります。
いったいハケは、どこにあるんでしょう???


オーティス・クレイ(Otis Clay)1/8
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)1/10
グレン・フライ(Glenn Lewis Frey)1/18
モーリス・ホワイト(Maurice White)2/5

今年に入って、次々と偉大なミュージシャンが亡くなっています
ご冥福をお祈り致します・・・











*
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2016-02-07 15:04 | 資生堂 | Comments(8)
雪で閉じ込められたウップンを晴らしに週末行ってきました!
今回は、タッチ&ゴーです。
新たなハケを探すべく、走り回り、歩き回り・・・やっと1つ・・・

d0110641_20114073.jpg

これは、何だか詳細不明です。
ニッキ水のようでもあり、コンペーのようでもあります。
私の予想は、コンペーですね。
クリーニングしたら、判明するかも知れません。
Y君の報告を待ちましょう。


d0110641_2011534.jpg

矩形の型のよいビンと時計型の書道の水滴です。絵付けがキレイ!
部長出し。


d0110641_2012438.jpg

これは、なんでしたっけ!?
確か、もう少し小さめのがありましたね。
これは、淡黄色のボトル。部長出し。


d0110641_2012142.jpg

雑木林の角っこの小っちゃなハケでした。
私は、ここでカレーびん、へろニココンペーの破片、ジアリンくん!??を
出しました・・・情けない・・・
途中のタッチ&ゴーで高級ウィスキーニッキ水を拾いましたが、角が欠けて
ました・・・(泣)

下が私のお持ち帰り品・・・

d0110641_1028195.jpg


ちょろハケを後にして、再びタッチ&ゴーです。
HBCカーの前後をこすりながら突き進んで行ったら、また1つちょろハケ発見!

ここでも部長です。
邑田資生堂の一方水です。
それに明治期のインクびんも出しましたね〜。

d0110641_20122380.jpg

私はここでは、まともなビンは1本も出ませんでした・・・(泣)


d0110641_20123234.jpg

くーーーーーーー!
悔すぃ〜。厳すぃ〜・・・
私は、なんか丸ボーズに近いですね〜。
やっと行けたディギングなのにパッとしませんでした・・・
隊長が、仕事を休んで今週末も頑張るとのことなので、次回はやりますよ!
出しますよ!

乞うご期待!???
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2014-02-26 20:12 | 資生堂 | Comments(8)
神薬特集でコロダインと云えば、これを紹介しておかねばなりませんでした。
これは、京都のS氏所蔵の「資生堂製・コロダイン」。

d0110641_14171218.jpg



どうやら庄司先生もお持ちではないようで・・・


d0110641_141734100.jpg



いったいどこの資生堂製なのでしょうか?


d0110641_14175683.jpg



この八角柱の形状は、元祖本町資生堂の流れをくむと思えますが・・・


d0110641_14181322.jpg



肩部分の丸みのある形状は「三井資生堂、中田資生堂、室町資生堂」に
似ているとも云えます。


d0110641_14182727.jpg



そして、本町〜牛込資生堂の流れを汲む「邑田(むらた)資生堂」にも
似ている・・・・


d0110641_14184440.jpg



しかし、先述の4社の資生堂神薬のボトル形状は、八角柱の胴形からネックへ
流れるような丸みの肩形状に対して、この「資生堂製・コロダイン」は
一度、角を設けてさらに一段とって半円球を描いており、ボトル形状としても
非常に珍しいと云えます。
前回、神薬特集なのであまり言及しませんでしたが、コロダインは当時、神薬と
同じ人気の売薬でありながら、ボトル形状にあまり特徴がないように思います。
庄司先生の研究にも八角柱と円筒形の明治期の古いコロダインのボトルが紹介
されていますが、あまりデザイン的に優れた面白いものは少ないと勝手に認識
していました。
ですが、
この「資生堂製・コロダイン」の存在は、明らかに神薬を意識したボトルで
あり、もっと云えば、ほぼ類似品と云えます。
これは中身の内容物までもが似通っていたことと関係がないとは言い切れない
ような疑念を抱かざるを得ません。
もしかするとこの「資生堂製・コロダイン」は、胃腸薬としてではなく「神薬」
の効能で売られたモノかも知れません!
または、奈良の大和売薬の流れをくむ「神薬コロダイン」の「神薬」がいつの
間にか消えてしまった例なのでしょうか?
それぞれの売薬は、アイデンティティを打ち出すために独自のネーミングや
ボトル形状を生み出しました。
それをあえて、人気の売薬に似せたのでしょうか? 

いったい、どこの資生堂が、どんな目的で製造したコロダインなのか、謎と期待
は膨らむばかりなのです。


もう一回ぐらい、おまけ行きます・・・




撮影協力:妖怪N氏
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2010-08-14 14:33 | 資生堂 | Comments(6)