土の中から掘り出したガラスびんを研究してます


by HBC-BOW
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年 10月 29日 ( 1 )

【奥秩父、山の廃村攻略】

朝の目覚めは、PPKが迎えてくれた。うう美しい!
d0110641_1873458.jpg

ニコニコ団のお宝も窓際で踊り輝いています。
d0110641_1874230.jpg

今日の攻略作戦のための地図類。
d0110641_187513.jpg

そして、登山口にやって来ました。
山に帰って来て喜ぶ「山ザル」・・・
d0110641_188728.jpg

ニコニコ団は、山が苦手です。でもなんだかんだ登ります!
d0110641_1881942.jpg

ここは、有名な廃村スポットです。登山道の途中途中に廃屋があります。
その、廃屋近くの土手。
d0110641_188306.jpg

山ザルの勝利!
「ケレオソート液」! 裏面には「石井謹製」のエンボス。
(これ実は、最初クレオソートと読んでましたが、後日庄司先生にお見せした
ところ大正期の歯薬のケレオソートであることが判明しました!それも当時
トップシェアだった大正製薬のケレオソートのどうやらモノマネ品、パチモノ
ではないかとの見解でした。その後、先生の書かれた「歯薬壜覚書」をよく
読み返してみると、大正製薬は明治42(1909)年に石井絹治郎によって東京市
牛込区谷佐内町(現・新宿区)に石井薬品商会として創設され、大正2(1913)年
に「大正製薬所」と改称されたとあります。つまり、これを知ってのパチものとも
云えますが、場合によっては大正製薬と改称される前の石井薬品商会のビンかも
知れないではありませんかー!?歴史の検証はそう簡単には行かないのが常だと
思います。もしかしたら??そんな仮説や空想でS君も頭いっぱいになりました。
しかし先生の「歯薬壜覚書」の論文は実にすばらしいです!最初にクレオソート
と読んでしまっていましたが、中身が改良される前は、そのままクレオソートと
同じ成分(征露丸と同じ)であったことも記述されています。さすが先生です! 
しかし、歯薬壜は久々にお目にかかりましたねー!)
d0110641_1884065.jpg

金平糖のかけら、神薬もどき、石蹴りなどを発見!
これは、期待できると先へ突き進みます!
d0110641_1885282.jpg

これは、「S岩」部落のほぼメーン地帯。数件の廃屋が残っています。
d0110641_189440.jpg

皆とボトルディギングに来ることが出来て、思わず感涙するS君。
よしよし・・・泣くな泣くな・・・
d0110641_1891516.jpg

この部落の廃屋近くは、もうすべてハケです。ハケだらけ・・・
ですが、どれも若い・・・要するに時代が新しいのです。
せいぜい1960年代ぐらいでしょうか。S君が見つけたケレオソートは例外と云えます。どこかに古い棚がないか皆で必死に探し回りました。
d0110641_18102516.jpg

林道脇に土にも潜らず冬眠に入ってしまったキャエル君。全長120mmでかいです。
d0110641_18103923.jpg

山々を探し回るHBC隊員・・・どうやらボーズです・・・・
d0110641_18105491.jpg

全然、ダメダメでしたー。久々の廃村は、天気も良くて気持ちよかったけど、肝心の
お宝は、全然でした。今日は、S君一人の勝利!
今日は、明日のボトルシアター訪問のためにニコニコ団の「流木亭」へ私もお泊まり
です。この写真は、「流木亭」のバスルーム。
d0110641_1811578.jpg

あー、落ち着くなー!酒が旨いなー!なんて「流木亭」はイイ店なんだ!
あっ、店じゃなかったかー・・・とこの調子で大トラになる私でした・・・
d0110641_18112016.jpg

すいませんねー!
ご迷惑をお掛けしましたー!
でもS君の方が品がない品が! 部長を前にして信じられないよーほんとに・・・
[PR]
by hbc_nkzk2 | 2008-10-29 18:09 | ボトルディギング | Comments(2)